後遺障害等級認定が重要です

一人で悩んでいても解決への糸口はなかなか見えません。
ご相談くださることで、気持ちが少し楽になします。
そして、専門家の眼で最良の道を見つけます。
考えもしなかった解決策が隠れているかもしれません。

後遺障害等級がどう認定されるかは、交通事故賠償の世界において 最も重要な事 といっても過言ではありません。
交通事故の後遺障害について疑問、不安等をお抱えでしたら、そのままにせず、一度、事務所までお越しください。
後遺障害等級認定に深く携わって12年目の行政書士が、直接ご相談をお受けします。


ご相談予約はコチラ ▼

078-592-2259

アチーブ行政書士事務所

※電話でのご相談はお受けしません。ご相談は面談でのみとさせて頂きます。
※遠方でも出張でのご相談は可能です。

150921_koutuujiko_kouisyougai_soudan

What’s New

H30.01.13 高次脳機能障害の症状固定時期 をアップしました。

H29.10.07 高次脳機能障害の後遺障害等級|具体的に何級になるのか?をアップしました。

H29.09.01 他人には分からない高次脳機能障害をアップしました。

H29.08.01 簡易生命表に平成28年分を追加しました。

H29.06.27 社会福祉制度の機能不全をアップしました。

H29.05.30 大脳の4つの領域とそれぞれの役割をアップしました。

Topics

交通事故にあったら

ご相談のタイミング

示談交渉のその前に

自賠責保険だけで、裁判で完全勝利するよりも高額の賠償を受けられる場合があります

知った上で納得の解決を

後遺障害手続の職人

診断名別 後遺障害の認定実績

弁護士?司法書士?行政書士?

弁護士の先生へ

後遺障害認定について詳しく

後遺障害とは

適正な後遺障害等級認定の重要性

後遺障害の申請時期(症状固定とは)

後遺障害は誰が決めるのか(等級認定の流れ)

損害保険料率算出機構の審査体制

書類審査だけで決まる後遺障害

事前認定と被害者請求

後遺障害等級の仕組みと認定基準

併合等級

相当(準用)等級

加重障害と既存障害

異議申立のポイント

何度でもできる異議申立と紛争処理機構の活用

時効の問題

Sponsored Link
Back to Top ↑