知った上で納得の解決を


 

交通事故の被害に遭ってしまった場合、一番納得できる解決条件は、車も身体も、 事故前の状態に戻ること でしょう。
 

車であれば事故歴は残りますが、ほぼ元の状態まで修理することも可能です。修理が不可能でも買い替えが可能です。

ケガをしても、軽ければ、事故前と同様、元気に動くことができます。
 

しかし、後遺症が残ってしまう場合もあれば、亡くなってしまうこともあるのが交通事故です。事故前の状態に戻ることは不可能となってきます。
 

このようなときの解決策は、残念ながら現状では、お金(賠償金)での解決になってしまいます。

これを、裁判を起こすことなく解決することが示談です。
 

「金なんかいらんから、元に戻してくれ!」といった気持ちは当然のことですが、前に進むには現実を受け止め、今出来ることを、しなくてはならないことを、やっていくしかありません。

実際、後遺症が残っている場合、今まで必要なかった費用が、たくさん必要になってくることがあります。

それでは、交通事故のお金(賠償金)での解決とは、どういう仕組みでどのように支払われるのか?
 

これは、日々車に乗っておられる方でも、しっかり説明できる人は、ほとんどいません。

また、分かっているつもりでも、一部のことであったり、間違った認識であることも多いです。

過去の事故の経験で、自身で示談交渉をしたことから、今まで知らなかったことが分かり、仕組みを理解したつもりでも、それは、一例の一解決に過ぎません。
 

現在は、任意保険・共済の付保率は8割ほどあり、任意保険会社の示談代行サービスにより、当事者が賠償事に絡むことなく、示談締結となることが大半です。
 

しかし、歩いているとき、自転車に乗っているときに事故に遭うこともあります。

任意保険に入っていても、保険会社が動いてくれない場合もあります。

使える保険を、使えるものと知らず、使わないままのこともあります。

私自身も、今は、車とバイクでの年間走行距離は2万キロ以上ありますが、ゴールド免許保持者です。

そして、交通事故の被害者にも加害者にもなっていません。
 

しかし、10代の頃はバイクで何度か交通事故に遭ったことがあります。

入院する程ではありませんでしたが、足を負傷しました。
 

今でも、足首に痛みのあるときがあり、反対側に比べて少し曲がりが悪いです。この足首を痛めた事故のときは、16歳でしたが、治療費から何から自分で支払いました。

そして、そのことは自分でも一応納得のことでした。

もちろん周りの人たち(事故通)にも話しはしましたが、それはどうしようも無いということでした。
 

しかし、今考えると、このとき今の知識があれば、1000万円以上の真っ当な賠償を得られていた可能性があります。

詳細に興味がある人は、相談時にお聞きください。
 

そう、何が言いたいのかというと、今、あなたが仕方ないかなと納得していることが、無理矢理自分に言い聞かせているだけ、相手(保険会社等)にいいように丸め込まれているだけ、などといった偽りの納得であれば、色んな可能性、方法を知った上での、本当の納得の解決を目指しましょうということです。
 

当事務所は、行政書士のできる範囲で、精一杯、あなたのバックアップをしていきます。


このサイト内を検索
ご挨拶

事務所代表

●画像タイトル

アチーブ行政書士事務所は平成16年3月、非常に珍しい交通事故専門の事務所としてスタートしました。
続きを読む

 
Back to Top ↑