示談交渉のその前に

「保険会社から損害賠償の提示を受け、示談をするように言われているが、その保険会社の出している提示額が、妥当なのかどうか分からない。」 といったことでお悩みの方は、非常に多くいらっしゃいます。

そして、その中で既に認定された後遺障害の等級について疑問を持つ方は、意外に少数です。

認定された後遺症の等級が低いような気はするが、そう認定されているのなら、そういうものなんだろうと考え、それよりも保険会社の支払提示額には納得が行かないから、なんとかしたい。

このように考えるのです。

しかし、これは根本から間違った考え方です。
では、納得の行く妥当な損害賠償を受けるには、どうすれば良いのでしょうか?

それは 適正な後遺障害等級に認定されること です

逆に、適正な後遺障害等級が認定されていなければ、妥当な損害賠償を受けることは非常に困難になってきます。

自賠責保険における後遺障害の認定は、適正で無いことがしばしばあります。
これは、等級認定を行う調査機関が、原則、提出された医証(診断書や検査結果)のみで、判断し、決定しているためです。

そして、認定された後遺障害、あるいは後遺障害が非該当であることが、はたして適正であるのかどうか・・・。
これは中々分かりにくいものです。

認定に不服があれば、異議申立ができる事を知らせてはくれますが、◯◯の立証が出来ていないから、追加でこういった検査をするように、などとは全く教えてくれません

そして、納得がいかずただ単に、「こんな症状が残っているのに、この認定はおかしいから再調査しろ!」といったような内容であったり、ドクターに追加で診断書を書いてもらったのはいいが、その内容が 等級の変更に関しては的外れ であったり、といったような異議申立では長い期間待たされたあげく、結局、同じ結果が返ってくるだけです。

しかし、等級の認定はルールに従って行われていますので、それが分かっていれば、現在の認定が適正であるのかどうか判断できますし、適正で無ければ根拠のある反論や新たな検査結果等の提出で、既に認定された等級を覆すことも可能となってきます。

当事務所は、交通事故専門の行政書士事務所であり、なかでも交通事故賠償の土台となる自賠責保険の後遺障害の申請・異議申立を中心に、不運にも交通事故被害に遭ってしまた方々の納得の行く解決を、全力で支援しています。

Sponsored Link
Sponsored Link
Back to Top ↑