高次脳機能障害の症状固定時期

交通事故での後遺障害の申請は、基本的に事故受傷後6ヶ月を過ぎ、主治医が症状固定との判断をすればいつでも出来ます。

ですから、受傷後6ヶ月の症状固定は非常に多いです。
しかし、高次脳機能障害で6ヶ月での症状固定はどうなのでしょうか?

高次脳機能障害の症状固定時期

症状固定とは、医学上一般に認められた医療を行っても、その医療効果が期待できなくなった状態をいいます。

そして後遺障害とは「症状固定時期に身体に残された精神的または肉体的な毀損状態のことで、事故と障害との間に相当因果関係が認められ、かつ、その存在が医学的に認められる症状」のことをいいます。

そして、症状固定時期を判断するのは主治医です。

しかし、高次脳機能障害の症状固定時期の判断は突き詰めれば非常に難しく、 正確な判断は困難 なものかと思われます。

では、その判断困難な症状固定時期を主治医はどのように決めているのでしょうか。

それは、やはり損保会社からの治療打ち切りの打診などの影響が多いように感じます。
中には半年経てば症状固定と思われている医師もいます。

症状固定日までの日数を見てみると・・・

当事務所で高次脳機能障害に関する後遺障害の申請のお手伝いをさせて頂いた方の事故受傷日から症状固定日までの期間を調べてみたところ、既に症状固定となった後の相談であった方は受傷後半年くらいの方が多く、事故から間もないときなど症状固定前に相談に来られた方は、結果的にもっと長い期間の治療を受けた上で、症状固定としている方が多いです。

ただ、半年経てば症状固定というのは安易なのですが、逆に長ければ良いというものでもありません。

高次脳機能障害は、長い年月をかけ、 将来にわたり改善が見込まれることもある と私は感じています。
そして、いつが正しい症状固定時期なのかといった判断は、実際問題無理であると思われますが、いたずらに治療期間を延ばせば良いというものでもないのです。

重たい後遺症の残る交通事故被害者には、事故前にはなかった経済的負担ものし掛かってきます。
ですから、交通事故被害者、そしてご家族の立場からすれば、経済的な面を考慮しての症状固定時期の検討はとても重要です。

中には頑固な先生もいますが、大抵の医師はある程度は患者側の要望を聞き入れてくれるものです。

では、いつが最適かというと、それはケースバイケースとしかいいようがありません。

その後の通院やリハビリの必要性、見込まれる後遺障害等級、見込まれる賠償金額、今後必要となってくる費用等を考慮して決めて行く必要があります。

とにかく、医者任せ、保険会社任せにするのではなく、どのタイミングで症状固定としてもらうのが理想的なのかは、充分に検討する必要があります。

Sponsored Link
Sponsored Link
Back to Top ↑