後遺障害等級表+慰謝料表


※後遺障害等級表は、平成22年6月10日以降発生した事故に適用する表

別表第1

等級
介護を要する後遺障害
自賠責
保険金額
(円)
労働
能力
喪失率
慰謝料額
各基準(円)
日弁連
/東京地裁
/大阪地裁
第1級①神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
②胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
4000万

100%2600万~
3000万

2800万

2800万
第2級①神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
②胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3000万
100%2200万~
2600万

2370万

2400万

備 考
各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であって、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。
(注)既に後遺障害のある者がさらに同一部位について後遺障害の程度を加重したときは、加重後の等級に応ずる保険金額から既にあった後遺障害の等級に応ずる保険金額を控除した金額を保険金額とする。

別表第2

等級
後遺障害
自賠責
保険金額
(円)
労働
能力
喪失率
慰謝料
各基準(円)
日弁連/東京地裁/大阪地裁
第1級①両眼が失明したもの
②咀嚼及び言語の機能を廃したもの
③両上肢をひじ関節以上で失ったもの
④両上肢の用を全廃したもの
⑤両下肢をひざ関節以上で失ったもの
⑥両下肢の用を全廃したもの
3000万100%
2600万~
3000万

2800万

2800万
第2級①1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
②両眼の視力が0.02以下になったもの
③両上肢を手関節以上で失ったもの
④両下肢を足関節以上で失ったもの
2590万100%2200万~
2600万

2370万

2400万
第3級①1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
②咀嚼又は言語の機能を廃したもの
③神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
④胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
⑤両手の手指の全部を失ったもの
2219万100%1800万~
2200万

1990万

2000万
第4級①両眼の視力が0.06以下になったもの
②咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
③両耳の聴力を全く失ったもの
④1上肢をひじ関節以上で失ったもの
⑤1下肢をひざ関節以上で失ったもの
⑥両手の手指の全部の用を廃したもの
⑦両足をリスフラン関節以上で失ったもの
1889万92%1500万~
1800万

1670万

1700万
第5級①1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
②神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
③胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
④1上肢を手関節以上で失ったもの
⑤1下肢を足関節以上で失ったもの
⑥1上肢の用を全廃したもの
⑦1下肢の用を全廃したもの
⑧両足の足指の全部を失ったもの
1574万79%1300万~
1500万

1400万

1440万
第6級①両眼の視力が0.1以下になったもの
②咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
③両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
④1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40セントメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
⑤脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
⑥1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
⑦1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
⑧1手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの
1296万67%1100万~
1300万

1180万

1220万
第7級①1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下のなったもの
②両耳の聴力が40セントメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
③1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
④神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
⑤胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
⑥1手のおや指を含み3の手指を失ったもの又はおや指以外の4の手指を失ったもの
⑦1手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの
⑧1足をリスフラン関節以上で失ったもの
⑨1上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
⑩1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
⑪両足の足指の全部の用を廃したもの
⑫外貌に著しい醜状を残すもの
⑬両側の睾丸を失ったもの
1051万56%900万~
1100万

1000万

1030万
第8級①1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
②脊柱に運動障害を残すもの
③1手のおや指を含み2の手指を失ったもの又はおや指以外の3の手指を失ったもの
④1手のおや指を含み3の手指の用を廃したもの又はおや指以外の4の手指の用を廃したもの
⑤1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
⑥1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
⑦1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
⑧1上肢に偽関節を残すもの
⑨1下肢に偽関節を残すもの
⑩1足の足指の全部を失ったもの
819万45%750万~
870万

830万

830万
第9級①両眼の視力が0.6以下になったもの
②1眼の視力が0.06以下になったもの
③両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
④両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
⑤鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
⑥咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの
⑦両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
⑧1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
⑨1耳の聴力を全く失ったもの
⑩神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
⑪胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
⑫1手のおや指又はおや指以外の2の手指を失ったもの
⑬1手のおや指を含み2の手指の用を廃したもの又はおや指以外の3の手指の用を廃したもの
⑭1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
⑮1足の足指の全部の用を廃したもの
⑯外貌に相当程度の醜状を残すもの
⑰生殖器に著しい障害を残すもの
616万35%600万~
700万

690万

670万
第10級①1眼の視力が0.1以下になったもの
②正面を見た場合に複視の症状を残すもの
③咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの
④14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
⑤両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
⑥1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
⑦1手のおや指又はおや指以外の2の手指の用を廃したもの
⑧1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
⑨1足の第1の足指又は他の4の足指を失ったもの
⑩1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
⑪1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
461万27%480万~
570万

550万

530万
第11級①両眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
②両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
③1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
④10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
⑤両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
⑥1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
⑦脊柱に変形を残すもの
⑧1手のひとさし指、なか指又はくすり指を失ったもの
⑨1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
⑩胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
331万20%360万~
430万

420万

400万
第12級①1眼の眼球に著しい調節機能障害又は運動障害を残すもの
②1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
③7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
④1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
⑤鎖骨、胸骨、ろく骨、けんこう骨又は骨盤骨に著しい変形を残すもの
⑥1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
⑦1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
⑧長管骨に変形を残すもの
⑨1手のこ指を失ったもの
⑩1手のひとさし指、なか指又はくすり指の用を廃したもの
⑪1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったもの又は第3の足指以下の3の足指を失ったもの
⑫1足の第1の足指又は他の4の足指の用を廃したもの
⑬局部に頑固な神経症状を残すもの
⑭外貌に醜状を残すもの
224万14%250万~
300万

280万

280万
第13級①1眼の視力が0.6以下になったもの
②正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの
③1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
④両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
⑤5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
⑥1手のこ指の用を廃したもの
⑦1手のおや指の指骨の一部を失ったもの
⑧1下肢を1センチメートル以上短縮したもの
⑨1足の第3の足指以下の1又は2の足指を失ったもの
⑩1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したもの又は第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
⑪胸腹部臓器の機能に障害を残すもの
139万9%160万~
190万

180万

180万
第14級①眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
②3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
③1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
④上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
⑤下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの
⑥1手のおや指以外の手指の指骨の一部を失ったもの
⑦1手のおや指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
⑧1足の第3の足指以下の1又は2の足指の用を廃したもの
⑨局部に神経症状を残すもの
75万5%90万~
120万

110万

110万

備 考
①視力の測定は、万国式試視力表による。屈折異状のあるものについては、矯正視力について測定する。
②手指を失つたものとは、おや指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を失つたものをいう。
③手指の用を廃したものとは、手指の末節骨の半分以上を失い、又は中手指節関節若しくは近位指節間関節(おや指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
④足指を失つたものとは、その全部を失ったものをいう。
⑤足指の用を廃したものとは、第一の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指節間関節以上を失つたもの又は中足指節関節若しくは近位指節間関節(第一の足指にあつては、指節間関節)に著しい運動障害を残すものをいう。
⑥各等級の後遺障害に該当しない後遺障害であって、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害とする。
(注1)後遺障害が2つ以上あるときは、重い方の後遺障害の該当する等級による。しかし、下記に掲げる場合においては等級を次の通り繰り上げる。
①第13級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重い方の後遺障害の等級を1級繰り上げる。ただし、それぞれの後遺障害に該当する保険金額の合算額が繰り上げ後の後遺障害の保険金額を下回るときはその合算額を保険金額として採用する。
②第8級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重い方の後遺障害の等級を2等級繰り上げる。
③第5級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重い方の後遺障害の等級を3等級繰り上げる。
(注2)既に後遺障害のある者がさらに同一部位について後遺障害の程度を加重したときは、加重後の等級に応ずる保険金額から既にあった後遺障害の等級に応ずる保険金額を控除した金額を保険金額とする。
 


サイト内を検索
 
Back to Top ↑