業務の流れ

まずは、ご相談

基本として、初回は面談にてご相談をお受けします。
初回相談時間は、およそ2時間程になることが多いです。
出張相談も好評で、京阪神近隣、岡山、徳島、香川あたりはすぐにお伺いするようにしています。

ご相談いただく時期は人それぞれで、事故の内容も人それぞれ、解決への道のりもまた、それぞれです。
以下に一例として、治療開始5ヶ月頃に、医師から症状固定の話がチラホラ出てきている方から後遺障害事案の自賠責保険請求の依頼を受けた場合の流れをご紹介します。

一般的な自賠責保険請求業務(後遺障害)の流れ

相談予約
・お持ちの交通事故に関係する資料等を漏れなく準備いただきます。
・出来ましたら、ご自身や親族の各種保険の証券や約款を準備してください。
・相談時に質問したいことなどをメモするなどしておくと聞き漏れが無くなります。

  

相談
・交通事故から相談に至るいきさつを、詳しく聞き取り。
・後遺障害等級の認定の可能性や解決までの道筋を説明。
・各種保険に請求漏れが無いか検証。
・業務依頼することになれば、委任状をご記載いただき、契約書を作成。

  

業務開始
① 医療機関、保険会社等から相談時に準備できていない必要書類を請求。

  

② 依頼者からの聞き取りと取り付けた医証から、症状固定前に追加で必要な検査が出てくれば実施して貰う。

  

③ 状況に応じて主治医に対する後遺障害診断の依頼文の作成、主治医との面談もしくは診察同行等。
※後遺障害診断時に必要な検査、後遺障害診断書への記載事項等について。
※症状居固定が時期尚早であれば、その時期についての話なども行います。

  

④ 後遺障害診断

  

⑤ 後遺障害診断書や画像データ等の受け取り

  

⑥ 自賠責保険請求

  

⑦ 認定結果の通知と自賠責保険分の入金
※申請から結果が出るまでの期間は、平均的には1ヶ月~1ヶ月半というところで、最短2週間、長ければ3ヶ月以上かかることもあります。

  
 
⑧ 等級認定されなかった場合、認定されていても更に上位等級の可能性がある場合は、異議申立へ。

  

⑨ 納得の出来る等級が認定されれば、依頼者は加害者側との示談交渉へ。
※当方から弁護士の紹介も可能です。

 

サイト内を検索
 
Back to Top ↑