後遺障害等級表の後遺障害に該当しなくても、各等級の後遺障害に相当するものは、当該等級の後遺障害と認定されます。 どの系列にも属さない場合と、系列はあっても該当する後遺障害が無い場合 例1) 目・耳・鼻・口 外傷性散瞳 ⇒…


サイト内を検索
 
Back to Top ↑